記事一覧

森繁久彌さん その1「宿命に沿った人生」

今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。前回までの「宿命と自我」というお話の中でミュージシャンのジャコ・パストリアスの生き方をごく簡単にご紹介しました。生まれ持った音楽の才能を、宿命を外れることで限界を超えて開花させ、多くの音楽ファンを魅了しました。その代わり、自らの運気を大きく落とすことになったのです。もちろん、才能を発揮するのに必ずしも宿命を外れる必要はありません。もちろん、充実した人生を送る...

続きを読む

森繁久彌さん その2「おちゃめなおじいちゃん」

今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。森繁久彌さんといえば私が物心ついたときにはすでに「屋根の上のバイオリン弾き」のテヴィエ役でロングラン公演を続けていました。テレビでは、たまに放送されていた「おやじのヒゲ」が印象的です。ちょっととぼけたおちゃめなおじいちゃん、という印象です。数多くの舞台、映画、ドラマに出演し褒章をはじめ、さまざまな賞を受け長年に渡り数々の活躍が評価されました。そんな森繁さんの...

続きを読む

森繁久彌さん その3「バランスとスケール」

今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。森繁久彌さんの宿命を見たときの最初の印象はバランスの良さと、スケールの大きさを併せ持つことでしょう。ただバランスが良いだけなら、安定した人生になりやすく良くも悪くも、極端な方向に展開するような傾向はありません。ところが森繁さんの宿命は、それに加えて大きく展開できる質も併せ持っているのです。周囲の人達から見ると、あまり欲も見せず自分のペースで頑張っているように...

続きを読む

森繁久彌さん その4「10代の運勢」

今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。森繁久彌さんは、その運勢にも大きな特徴があります。10代に巡ってくる運勢は、森繁さんの人生をピンボールのように弾き飛ばしてきます。ここで生じた反動をうまく利用できると30代以降の運勢が上がっていきます。宿命に安定とスケールの大きさを併せ持ちながら子供の頃の運勢が、中年期以降に向け人生を力強く弾き飛ばしてくれているのです。つまり、10代の生き方で残りの人生の傾向が決...

続きを読む

森繁久彌さん その5「幼少期の社会的地位」

今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。森繁久彌さんが生まれたのは大正2年。父は実業家、母の実家は問屋でした。久彌さんが2歳のときに父親が亡くなり3兄弟の末っ子だった久彌さんは母方の祖父の後を継ぐことになりました。この母親は、父親とは入籍しておらず父親には別に、正妻との間に4人の子供がいました。父親は久彌さんの母親との間にできた3人の息子を子供として認知していて自分の菅沼姓を与えていましたが久彌さん...

続きを読む

森繁久彌さん その6「下積み時代」

今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。大学では演劇部で活動していた森繁さんアマチュア劇団を創設して上演会を開いていましたが当時、大学の必須科目だった軍事教練が嫌で大学を中退し東宝(当時は東京宝塚劇場)に入社しました。その後、数々の劇団を渡り歩きながら舞台進行や小道具などなど下積み仕事に追われていました。そんな時、軍からの応召があったのですがちょうど耳の大きな手術を受けた直後ですぐに帰されたそうで...

続きを読む

森繁久彌さん その7「強運」

今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。森繁さんは、徹底して戦争を嫌っていたようです。軍事教練の授業があるために大学をやめたり徴兵を受けないよう、劇団での活動を辞め海外勤務のアナウンサー職についたりと自分の人生計画を変更することも厭(いと)いませんでした。バランスの良い宿命は、戦争では活しにくいものです。戦争で生き残るには、不安定で偏った宿命の方が有利です。どのような宿命にも、適切な環境が必要なの...

続きを読む

森繁久彌さん その8「宿命通り」

今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。終戦後、日本に戻った森繁さんはいくつもの劇団を渡り歩き映画やミュージカルにも出演していました。そしてレギュラーで出演していたラジオ番組が人気となりそれをきっかけに、映画や芝居のオファーが次々と来るようになったそうです。映画では「社長シリーズ」や「駅前シリーズ」のコメディー作品に主演し・・・ミュージカルでは「屋根の上のバイオリン弾き」が900回公演のロングランと...

続きを読む

著者:磯野はまぐり


profilephoto

磯野はまぐりは元々は科学者で、ときどき投資家で、ごくまれに翻訳家で、ほぼ毎日、一家の台所担当重役だったりします。最近、キッチンの主導権をカミさんに奪われてるけど・・・。

生まれは横浜ですが、今はカナダに住んでいます。結婚していて、娘が一人いて、ネコが一匹います。

1998年より渡米、カリフォルニア大学サンディエゴ校およびヴァンダービルト大学にて分子遺伝学の研究者として勤務。

2003年にカナダ移住後は、ファンダメンタル分析による株式投資家、日本人の海外生活者を支援するカウンセラー、学術文献の翻訳家として活動。怪しみながらもなぜか算命学にはまる。

2014年より、算命学を使ったカウンセリングを始める。人生全般にわたる様々な相談を受ける中で、お互いの「本当の関係性」を知らないばかりにすれ違っていくご夫婦の多さに気づき、夫婦関係、女性の仕事、子供のための家庭環境を中心としたカウンセリング活動を始める。

2018年より、「みんなもっとちゃんと考えて算命学を使おうよ!」という思いから、実践力重視の「算命学の寺子屋」を主宰。算命学教室や鑑定講座を開く。


“school1”

カウンセリング


 過去記事から
【磯野はまぐりのお勧め投稿】


算命学を勉強している方へ

有名人鑑定をやってみよう 全12回
算命学はなぜ難しいのか? 全11回
鑑定士になりたい人へ 全7回
算命学の勉強 全6回
出し惜しみ 全9回+番外編2回
怖いもの知らず 全7回
魔法使いの正体 全6回
鑑定士は儲かるのか? 全7回
算命学と自然思想 全9回
騙されたくないあなたへ 全2回
無意味な鑑定 全4回
心のお話のまとめ


算命学の考え方について

算命学を使いこなすために 全7回
受け身 全9回
精神性と現実性 全7回
算命学は使えない!? 全7回
時代と宿命 全6回


算命学の医学部門 東洋医学のお話

算命学と医学 全8回
東洋医学の話 全7回
気血(きけつ) 全5回
腎(じん) 全6回


磯野はまぐりのMAG2NEWS掲載記事

MAG2NEWSアーカイブ

検索フォーム

メルマガ購読

メルマガ購読・解除
占い中毒にご用心
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ