記事一覧

太宰治さん その1「伝達本能」

今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。「物書きの仕事をするなら、宿命に伝達本能が必要だ」などと、算命学では言われることがあります。伝達本能?書いたり話したり、なにかで表現したりと情報を人に伝えたい、という人間の本能のことです。では、宿命に伝達のための本能がないと書いたり話したりする仕事はできないのでしょうか?もちろん、そんなことはありません。そもそも、伝達本能という「本能」は誰にでもあります。が...

続きを読む

太宰治さん その2「知恵の要素」

今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。伝達の要素をまったく持たない太宰先生の宿命にはどのような要素があるのでしょうか?宿命の半分以上が知恵の要素で埋まっています。ということは、知性が高いのか?というとそれは宿命だけではわかりません。言えることは、知性が高いか低いかにかかわらずあれこれいろいろ考え続けてしまう傾向にあるということです。なにか情報を得て、あれこれ考えるのが好きでそうせずにはいられない...

続きを読む

太宰治さん その3「使える考え方」

今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。宿命に知の要素がたくさんある方にとって大切なことは「使える考え方」を学ぶことです。どういうことでしょうか?とにかくいろいろ考え、勉強したくなる傾向があるのでその傾向を、意味のある有益なものにしなければなりません。そのために必要なのは、適切な情報や知識の取捨選択能力とそれら情報や知識を実利的に使いこなす応用力です。これこそが、知の要素を活かすために大切なことだ...

続きを読む

太宰治さん その4「2つの課題」

今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。太宰先生にとって、知の要素を活かすことは自身の宿命を活かすための最重要課題です。そして、その知の要素を活かすためには・・・・宿命の土台をしっかりさせること・使える考え方を身につけること・・・の、2つの課題をこなすことが不可欠です。太宰先生の宿命のように内包する要素の半分以上を同じ要素が占める場合その要素を活かすことは、とても難しくなります。さらに大変なことに...

続きを読む

太宰治さん その5「環境と宿命の土台」

今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。太宰治さんは1909年、大地主の家に10番目の子供として生まれました。父親は県会議員や衆議院議員を努め太宰先生が14歳のときに他界しました。母親が病弱だったため、太宰先生の世話は新生児の頃から乳母や叔母がしてきたそうです。太宰先生の宿命の土台をしっかりしたものにするためにこの環境は適していたのでしょうか?ポイントは、両親の母親、つまり太宰先生のふたりの祖母と実際に育...

続きを読む

太宰治さん その6「優秀な生徒」

今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。子供の頃の太宰先生は、小学校を成績トップで卒業。進学後も学業成績は優秀。人柄もよく人気者で級長を努めたこともありました。地元の名士の息子なので、実際の学力にかかわらずもれなく良い成績をもらえたという話もありましたが実際のところ優秀な生徒でとくに作文力は突出したものがあったそうです。十代から小説に親しみ、友人と同人雑誌を発行したり自らも執筆をはじめていました。...

続きを読む

太宰治さん その7「私生活」

今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。子供の頃から級長を努め学業も優秀。大学に進んでからは、勉強の方は疎かになったようですが戯曲や小説の執筆に励んだ太宰先生の宿命は十分に活かされていたのでしょうか?あれこれいろいろ考えてしまう傾向は人生において上手く機能していたのでしょうか?私生活に目を向けると、いろいろ問題が目立ちます。まずは多くの女性問題、それに伴う金銭問題、就職の問題複数回にわたる自殺未遂...

続きを読む

太宰治さん その8「厳しい人生」

今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。文学の才能はあった。知恵の要素を文筆活動に活かすことができた。でも、それだけではまだまだ足りないほど活かすべき知恵の要素がたくさんあったのです。そして、生きていくために、普段の生活の中でそれを活かすことができなかったのだと思います。多くの人にとっては、小説を書くより簡単なことでも太宰先生にとっては厳しすぎると感じられたりかといって、ただ周りから甘やかされてい...

続きを読む

著者:磯野はまぐり


profilephoto

磯野はまぐりは元々は科学者で、ときどき投資家で、ごくまれに翻訳家で、ほぼ毎日、一家の台所担当重役だったりします。

生まれは横浜ですが、今はカナダに住んでいます。結婚していて、娘が一人いて、ネコが一匹います。

1998年より渡米、カリフォルニア大学サンディエゴ校およびヴァンダービルト大学にて分子遺伝学の研究者として勤務。

2003年にカナダ移住後は、ファンダメンタル分析による株式投資家、日本人の海外生活者を支援するカウンセラー、学術文献の翻訳家として活動。怪しみながらもなぜか算命学にはまる。

2014年より、算命学を使ったカウンセリングを始める。人生全般にわたる様々な相談を受ける中で、お互いの「本当の関係性」を知らないばかりにすれ違っていくご夫婦の多さに気づき、夫婦関係、女性の仕事、子供のための家庭環境を中心としたカウンセリング活動を始める。

現実の問題は、現実的な行動でしか解決できません。算命学で運勢を味方につけながら現実的な解決策を探していきましょう。

リラックスしておしゃべりしていく中で、新しい生き方を見つけていただけるようなセッションを心掛けています。

“school1”


“子育て相談 全国どこからでもスカイプでお話できます。”


hamaguricounseling


Add Friend
個人的なご質問や磯野はまぐりとおしゃべりしてみたい方はLINE@で気軽に話しかけてくださいね。こちらからメッセージ配信することはありません。1:1トーク専用です。LINEでのおしゃべりはもちろん無料です。

peing
Peing質問箱から、算命学や生き方について匿名で磯野はまぐりに質問できます。お名前もメールドレスも必要ありません。いただいたご質問にはブログやメルマガで回答します。



 過去記事から
【磯野はまぐりのお勧め投稿】


お子さんの将来のために
算命学を活用したい方へ

宿命を自動車に例える 全6回
子供の運命を決めるもの 全6回
子供時代の土台作り 全3回
親子 全6回


夫婦問題を抱えている方へ

ポジティブな離婚 全12回
離婚と子供 全7回
人はなぜ浮気するのか? 全6回
離婚鑑定 全5回
夫婦の問題、男と女 全14回
旦那のための夫婦仲改善策 全5回


これから算命学を勉強したい方へ

鑑定士になりたい人へ 全7回
算命学の勉強 全6回
出し惜しみ 全9回+番外編2回
怖いもの知らず 全7回
魔法使いの正体 全6回
鑑定士は儲かるのか? 全7回
算命学と自然思想 全9回
騙されたくないあなたへ 全2回
無意味な鑑定 全4回
心のお話のまとめ


算命学の考え方について

算命学を使いこなすために 全7回
受け身 全9回
精神性と現実性 全7回
算命学は使えない!? 全7回
時代と宿命 全6回


算命学の医学部門 東洋医学のお話

算命学と医学 全8回
東洋医学の話 全7回
気血(きけつ) 全5回
腎(じん) 全6回


磯野はまぐりのMAG2NEWS掲載記事

MAG2NEWSアーカイブ

検索フォーム

メルマガ購読

メルマガ購読・解除
占い中毒にご用心
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ