記事一覧

質問箱から 「雲龍型を使いこなすポイント」

0104191

今日の空


第2回「七面鳥」放送中。
はまぐりラジオ


夕食の写真は算命学のお話の後で。
今日はPeing質問箱に寄せられた質問にお答えします。

ちょうど前回までのお話「算命学で人生を壊す」に関連した話題です。


*****
はじめまして。

算命学に興味があり、ブログを読んでいる折りにこちらのブログにたどり着きました。

宿命雲龍型の干合について、教えていただけないでしょうか? 偶然に、自分によく似た陰占を小保方晴子さんがお持ちでした。

もちろん、個々によって同じ宿命でも運勢の運びは違うものかと思いますが、わたし自身、思い込みの強い人間です。

小保方さんは後天運で雲龍型でしたが、私は宿命がそうでした。

鑑定される方のブログに例題として、自分の天干がそのままの配置でありました。あまり良いことではないように書いてありました。

誰しも心に思い描く理想はありますが、自分も妄想と現実の垣根が低いのであればそこは理解しておきたいと思いました。

・価値観が変化する →意見や信念が変わりやすい

・変化した陽占の星が加わる →十大主星が加わるとほとんどあることになるような?

・守護神も変化する →結局、守護神は関係するの?しないのかな?

何より、虚気になり続けるとかかれている方もいらっしゃいまして。

実際、算命学に興味があるのは、自分に心に晴れない悩みがあるからですが、誰しもあるわよね。と、考えて生活してます。

それでも算命学は、妙を得て的をついてくるので、理論的な考えが好きな私には合っておりまして、占い半分、運勢学(失礼な物言いご容赦下さい)半分と捉えてブログを読んでいます。

鑑定される方のブログに質問をしてみたいですが、皆さん「ご遠慮願います」です。

お答えいただけることで結構です。 よろしくお願いいたします。
*****


ご質問ありがとうございます。

小保方さんの宿命と運勢を彼女の経歴と照らし合わせながら見ていくと、STAP細胞事件に至るまでの経緯が浮かび上がってきます。

彼女の宿命には、もともと強い虚気を作り出す特徴がいくつかあり、さらに思い込みが強い性格の傾向もこれに重なっているところに、後天運ですさまじい雲龍型になっていました。

残念なことにこれらの宿命の傾向は、良い面では活かされなかったようです。


ここで、あなた(質問者)と小保方さんの共通点と相違点を考えてみて下さい。

共通点は、宿命に雲龍型がある(あらわれる)ことですよね。そして違いは、小保方さんはそのことを知らなかったけれど、あなたは宿命が雲龍型であることと、その意味合いを知っていることです。

せっかく算命学の知識があるのですから、ご自分の宿命を上手く活用しましょうよ?


確かに算命学の教科書には、雲龍型の宿命の人は現実と妄想を混同しやすいというような説明があります。

そのことを知らずにいたら、この宿命に翻弄されてしまうでしょう。

でも、それを自覚していれば、想像力を長所として活用することができます。

雲龍型の宿命の人は、本来の自分とは違う自分を演出したり、相手や状況に合わせた対応ができたりします(現実的な得手不得手はありますが)。

時には自分では思っても見なかったようなリーダーシップを発揮することもあります。

想像力を武器にできるのです。

活かし方はいろいろありますが、例えば作家や役者さんなどがわかりやすいでしょう。

あなたのやりたいことはなんですか?得意なことはなんですか?そのやりたいことや得意なことの中に、想像力を活かせるところはありますか?

それを考えてみて下さい。

現実的な仕事の中にも、想像力を活かせるところはあるはずです。

もし想像力の入り込む余地がほとんどない仕事なら、やっていても楽しくないかもしれません。


雲龍型の特徴が欠点として出てしまうのが心配なら、大切な判断が必要な時には信頼できる人に意見を求めるように心がければいいのです。

そして何が現実で何が自分の想像かをいつも意識するようにして下さい。


ポイントは「実気に戻ることを忘れない」ことです。


例えば、いろいろな職業の人が勤務中にそれぞれの役職(虚気)を果たしています。でも、家に帰れば本来の自分(実気)に戻ります。

仕事だけではありません。妻や夫も夫婦(干合)としての役割(虚気)を果たす中で、どこかでひとりの女性、ひとりの男性としての自分(実気)でいられる時間を作ることが大切です。


「価値観が変化する」とか、「変化した陽占の星が加わる」とか、「守護神も変化する」などということを考える必要はありません。

もし価値観が変わったり、陽占の星が加わったり、守護神が変わったりしたら、それこそ虚気の世界にどっぷりはまり込んでしまい、人生がややこしくなるだけです。

それより、家に帰ったら一人の時間を作って実気に戻ることを心がけてくさい。

本来の(実気の)自分をしっかり意識して、本来の星を消化し、本来の守護神を活かすことを心がけていれば、雲龍型を味方につけて上手く活用できるようになります。

さらに宿命全体と育った環境などがわかれば、勘違いしやすいポイントや、実気に戻るための良い方法などもわかります。そこまで知識があれば算命学は便利な道具です。

便利なはずの道具に人生を翻弄されないでくださいね。


天命を知って、人事を尽くそう!


hamaguricounseling
算命学でご自身の人生としっかり向き合う「ホリスティックカウンセリング」。全国どこからでもスカイプでお話できます。


peing
Peing質問箱から、算命学や生き方について匿名で磯野はまぐりに質問できます。お名前もメールドレスも必要ありません。いただいたご質問にはブログやメルマガで回答します。


Add Friend
個人的なご質問や磯野はまぐりとおしゃべりしてみたい方はLINE@で気軽に話しかけてくださいね。こちらからメッセージ配信することはありません。1:1トーク専用です。LINEでのおしゃべりはもちろん無料です。



そして今日の夕食は・・・ 

0104192

納豆と・・・







0104193

野菜炒め


たらふく食べて、今日も極楽。

お腹が空いたらポチッとクリックよろしくね。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 算命学・易学へ
にほんブログ村


算命学ランキング


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

著者:磯野はまぐり


profilephoto

磯野はまぐりは元々は科学者で、ときどき投資家で、ごくまれに翻訳家で、ほぼ毎日、一家の台所担当重役だったりします。

生まれは横浜ですが、今はカナダに住んでいます。結婚していて、娘が一人いて、ネコが一匹います。

1998年より渡米、カリフォルニア大学サンディエゴ校およびヴァンダービルト大学にて分子遺伝学の研究者として勤務。

2003年にカナダ移住後は、ファンダメンタル分析による株式投資家、日本人の海外生活者を支援するカウンセラー、学術文献の翻訳家として活動。怪しみながらもなぜか算命学にはまる。

2014年より、算命学を使ったカウンセリングを始める。人生全般にわたる様々な相談を受ける中で、お互いの「本当の関係性」を知らないばかりにすれ違っていくご夫婦の多さに気づき、夫婦関係、女性の仕事、子供のための家庭環境を中心としたカウンセリング活動を始める。

現実の問題は、現実的な行動でしか解決できません。算命学で運勢を味方につけながら現実的な解決策を探していきましょう。

リラックスしておしゃべりしていく中で、新しい生き方を見つけていただけるようなセッションを心掛けています。


カウンセリング


“子育て相談 全国どこからでもスカイプでお話できます。”


はまぐりラジオ


“school1”




 過去記事から
【磯野はまぐりのお勧め投稿】


お子さんの将来のために
算命学を活用したい方へ

宿命を自動車に例える 全6回
子供の運命を決めるもの 全6回
子供時代の土台作り 全3回
親子 全6回


夫婦問題を抱えている方へ

ポジティブな離婚 全12回
離婚と子供 全7回
人はなぜ浮気するのか? 全6回
離婚鑑定 全5回
夫婦の問題、男と女 全14回
旦那のための夫婦仲改善策 全5回


これから算命学を勉強したい方へ

鑑定士になりたい人へ 全7回
算命学の勉強 全6回
出し惜しみ 全9回+番外編2回
怖いもの知らず 全7回
魔法使いの正体 全6回
鑑定士は儲かるのか? 全7回
算命学と自然思想 全9回
騙されたくないあなたへ 全2回
無意味な鑑定 全4回
心のお話のまとめ


算命学の考え方について

算命学を使いこなすために 全7回
受け身 全9回
精神性と現実性 全7回
算命学は使えない!? 全7回
時代と宿命 全6回


算命学の医学部門 東洋医学のお話

算命学と医学 全8回
東洋医学の話 全7回
気血(きけつ) 全5回
腎(じん) 全6回


磯野はまぐりのMAG2NEWS掲載記事

MAG2NEWSアーカイブ

検索フォーム

メルマガ購読

メルマガ購読・解除
占い中毒にご用心
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ