記事一覧

質問箱から 「算命学と出生時間」

0104191

今日の空


第2回「七面鳥」放送中。
はまぐりラジオ


夕食の写真は算命学のお話の後で。
今日もPeing質問箱に寄せられた質問にお答えします。


*****
こんにちは。算命学について質問させてください。 算命学では出生時間や出生地は考慮しなくて良いのでしょうか?それとも流派によって考え方に違いがあるのですか? それについての磯野はまぐりさんの考えを教えて頂きたいです。よろしくお願いいたします。
*****


ご質問ありがとうございます。

ここでは算命学のもとになっている自然思想での考え方と、私の考えについてお話しますね。

(余談ですが、出生時間を使う四柱推命は算命学とは異なる理論体系からできています。ここでは「算命学では出生時間と出生地を考慮するのか?」という問題についてお話します。)

まず結論を言うと、算命学では出生時間も出生地も考慮しません。

なぜでしょうか?

自然思想では時間を自然界で観察できる自然現象の周期で考えます。例えば一日を朝、昼、夜の周期で、ひと月を月の満ち欠けの周期で、一年を季節の周期で区切ります。

これらの周期がそれぞれ「一日」、「一ヶ月」、「一年」という時間単位となります。

ただし一ヶ日を分ける「分単位の時間」は人間の都合で考え出されたもので、自然の中になんらかの周期性を見出したわけではありません。1時間のうちに一巡りするような自然現象は見つからなかったのです。

ですから算命学では、太陽が昇って沈み、また昇るまでの一日を、自然の法則にもとづいた時間の最小単位としています。

ここまで、自然思想における時間の考え方について簡単にお話しました。


ここで「あっ、そういうことなのね」と納得しない方もいらっしゃるでしょう。

私も「それでも時間を考慮する意味があったらどうなるのか?」を考えたことがあります。

わかりやすいように単純なたとえ話をします。

一日、一月、一年という時間の経過に伴い、気の状態は変化していきますが、あるとき財運の良い気が巡ってきたとします。

この財運の気がめぐってくると、現実のお金儲けを運勢が後押ししてくれるのですが、あるときスイッチがパチンと入ったように変化するのではなく、徐々に状況が変わっていくことがほとんどです。

もちろんいきなり「いい商談がまとまった!」ということもあるのですが、そこに至るまでは、目に見えない気の変化が少しづつ現実に影響を及ぼしていて、それがあるとき私たちが認識できる形で具現化するのです。

さて、財運の気が一日単位でめぐってきたらどうでしょうか?気の変化が現実の現象として現れるのに十分な時間があるでしょうか?

一ヶ月ならどうでしょう?少しは影響が具現化してくるかもしれませんが、大きな変化に至る前に一ヶ月が過ぎてしまうかもしれません。

これが一年とか十年という単位になると、財運の気が具現化するのに十分な時間がありますよね。

だから運気を見るときには、十年の大運と年運を重視するのです。


ここで話を戻して、一時間単位の気の変化について考えてみましょう。

陰陽合わせてこれからの2時間は財運が良かったとします。

なにか具現化してくるでしょうか?

いい商談が決まるための誰かの思いつきや心変わりが一瞬あるかもしれませんが、それが具体的な話に発展する前に、2時間なんて過ぎてしまいますよね?

そして何より、時間の変化の背景にあるその日の運気、さらにその背景にあるその年の運気、さらにその背景にあるその大運の運気の影響を考えると、時間の運気があったとしても、埋もれてしまうのではないでしょうか?

だから、もし時間に意味があるとしても、実用的ではないというのが私の考えです。


ここで「いやいや、わずかな時間でも人生に大きな影響を与えるきっかけになるかもしれないし、たとえ運勢の流れは影響しないとしても、生まれたタイミングは大事だろう?」と反論してみましょう。

宿命に時間を入れるさい、出生地も考慮するのであれば、これは日本標準時からのズレを補正するためですよね。

ということは、分単位で正確に時間を決めていることになりますよね。

確かに札幌で3時になるタイミングと、東京で3時になるタイミングと、那覇で3時になるタイミングの間にはかなり差があります。

でね、そこまでしっかりした時刻が必要なら、お医者さんや助産婦さんが記録してくれた時間は使えるのか?その時の時計の正確さは信用できるのか?という議論になりますよね。

そもそも、どの瞬間を持って生まれたと判断するのでしょうか?多くの医師は出産のための手順が全て終わった後で時計を確認しますが、それは適切なタイミングなのでしょうか?そしてその時間は正確に記録されているのでしょうか?

病院の時計が3分ほどズレていても、誰も気づかなかったり、気づいていても気にしていなかったりするかもしれません。

ある人が出生時間として記録をつけたら2:58だけど、他の人だったら3:01となっていたかもしれませんよね?

だから宿命を決めるのに必要な精度で出生時刻が記録されているとは思えないのです。にもかかわらず、出生地の時差にまで気を配ってデータを補正するなんてナンセンスだと思いませんか?

だから、もし宿命を決めるのに時間が大切だとしても、信頼できる記録がないから使えないというのが、この反論に対する私の答えです。


科学でもそうなのですが、なんでもかんでも精密な測定データを使えばより良い結果が得られるとは限りません。ごはんを炊くときの水量をメスシリンダーで計っても意味はないでしょう?

人生というのは、宿命が示す誤差範囲の中でさまざまな可能性が揺らいでいるのが自然です。

それでも正確なデータが必要だと言うのであれば、それ相応の信頼性をもった方法で測定しなければなりませんよね。

ごはんを炊くのではなく、化学実験のためにメスシリンダーで正確に水を計り取る必要があるときに、250mlの計量カップを使っていたのでは駄目なのです。

宿命を決めるのに正確な時間が必要だとしたら、これと同じようなことが起こってしまいます。


いろいろ屁理屈を並べてきましたが、自然思想の理論では一日が時間の最小単位なので、算命学ではその一日をさらに分ける分単位の時間は考慮しない、というのが答えです。


もし自然思想や算命学の暦に興味があったら、こちらの過去記事も読んでみてくださいね。

「12と5と2」全13回


天命を知って、人事を尽くそう!


hamaguricounseling
算命学でご自身の人生としっかり向き合う「ホリスティックカウンセリング」。全国どこからでもスカイプでお話できます。


peing
Peing質問箱から、算命学や生き方について匿名で磯野はまぐりに質問できます。お名前もメールドレスも必要ありません。いただいたご質問にはブログやメルマガで回答します。


Add Friend
個人的なご質問や磯野はまぐりとおしゃべりしてみたい方はLINE@で気軽に話しかけてくださいね。こちらからメッセージ配信することはありません。1:1トーク専用です。LINEでのおしゃべりはもちろん無料です。



今日の夕食はカミさんの担当・・・ 

0105192

ほうれん草のスフレ







0105193

野菜とかハムのオイスターソース炒め







0105194

ミートローフ


たらふく食べて、今日も極楽。

お腹が空いたらポチッとクリックよろしくね。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 算命学・易学へ
にほんブログ村


算命学ランキング


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

著者:磯野はまぐり


profilephoto

磯野はまぐりは元々は科学者で、ときどき投資家で、ごくまれに翻訳家で、ほぼ毎日、一家の台所担当重役だったりします。

生まれは横浜ですが、今はカナダに住んでいます。結婚していて、娘が一人いて、ネコが一匹います。

1998年より渡米、カリフォルニア大学サンディエゴ校およびヴァンダービルト大学にて分子遺伝学の研究者として勤務。

2003年にカナダ移住後は、ファンダメンタル分析による株式投資家、日本人の海外生活者を支援するカウンセラー、学術文献の翻訳家として活動。怪しみながらもなぜか算命学にはまる。

2014年より、算命学を使ったカウンセリングを始める。人生全般にわたる様々な相談を受ける中で、お互いの「本当の関係性」を知らないばかりにすれ違っていくご夫婦の多さに気づき、夫婦関係、女性の仕事、子供のための家庭環境を中心としたカウンセリング活動を始める。

現実の問題は、現実的な行動でしか解決できません。算命学で運勢を味方につけながら現実的な解決策を探していきましょう。

リラックスしておしゃべりしていく中で、新しい生き方を見つけていただけるようなセッションを心掛けています。


カウンセリング


“子育て相談 全国どこからでもスカイプでお話できます。”


はまぐりラジオ


“school1”




 過去記事から
【磯野はまぐりのお勧め投稿】


お子さんの将来のために
算命学を活用したい方へ

宿命を自動車に例える 全6回
子供の運命を決めるもの 全6回
子供時代の土台作り 全3回
親子 全6回


夫婦問題を抱えている方へ

ポジティブな離婚 全12回
離婚と子供 全7回
人はなぜ浮気するのか? 全6回
離婚鑑定 全5回
夫婦の問題、男と女 全14回
旦那のための夫婦仲改善策 全5回


これから算命学を勉強したい方へ

鑑定士になりたい人へ 全7回
算命学の勉強 全6回
出し惜しみ 全9回+番外編2回
怖いもの知らず 全7回
魔法使いの正体 全6回
鑑定士は儲かるのか? 全7回
算命学と自然思想 全9回
騙されたくないあなたへ 全2回
無意味な鑑定 全4回
心のお話のまとめ


算命学の考え方について

算命学を使いこなすために 全7回
受け身 全9回
精神性と現実性 全7回
算命学は使えない!? 全7回
時代と宿命 全6回


算命学の医学部門 東洋医学のお話

算命学と医学 全8回
東洋医学の話 全7回
気血(きけつ) 全5回
腎(じん) 全6回


磯野はまぐりのMAG2NEWS掲載記事

MAG2NEWSアーカイブ

検索フォーム

メルマガ購読

メルマガ購読・解除
占い中毒にご用心
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ