記事一覧

生きていることの代償

1006163

あれっ、いつの間にここにベンチができたんだろう?
そういえば、何かセメントで土台を作ってたよな。

う〜ん・・・ まっ、いいか。


今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。


人がこの世に生まれて来た、ということは
そのための代償もしくは代価が支払われたということです。

例えば、あるところに木が生えていたとします。
その木がそこに生えているということは
同様に、そこに生える可能性のあった他の木が
生えてこられなかった、ということです。

それが、今そこに木が生えていることの代償です。

もしその木が大木に育ったとしたら
その木がなかったら生えることができたであろう
たくさんの小さな草木が
代償として、この世に存在できなかったのかもしれません。

同様に、人が生きている、ということは
それに見合った代償が払われている、ということなのです。

もちろん、だからと言って
自分が生きていることに罪悪感を抱く必要はありません。

それが自然界のエネルギーバランスというものです。

つづく


天命を知って、人事を尽くそう!


メールマガジンでも算命学のお話をお伝えしています。
ご興味のある方は、下のフォームにメールアドレスを入れてご登録ください。
もちろん無料メルマガです。


メルマガ購読・解除


 


1006161

カレーコロッケと・・・







1006162

里芋と牛すじの煮物


たらふく食べて、今日も極楽。

お腹が空いたらポチッとクリックよろしくね。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

著者:磯野はまぐり


profilephoto

磯野はまぐりは元々は科学者で、ときどき投資家で、ごくまれに翻訳家で、ほぼ毎日、一家の台所担当重役だったりします。最近、キッチンの主導権をカミさんに奪われてるけど・・・。

生まれは横浜ですが、今はカナダに住んでいます。結婚していて、娘が一人いて、ネコが一匹います。

1998年より渡米、カリフォルニア大学サンディエゴ校およびヴァンダービルト大学にて分子遺伝学の研究者として勤務。

2003年にカナダ移住後は、ファンダメンタル分析による株式投資家、日本人の海外生活者を支援するカウンセラー、学術文献の翻訳家として活動。怪しみながらもなぜか算命学にはまる。

2014年より、算命学を使ったカウンセリングを始める。人生全般にわたる様々な相談を受ける中で、お互いの「本当の関係性」を知らないばかりにすれ違っていくご夫婦の多さに気づき、夫婦関係、女性の仕事、子供のための家庭環境を中心としたカウンセリング活動を始める。

2018年より、「みんなもっとちゃんと考えて算命学を使おうよ!」という思いから、実践力重視の「算命学の寺子屋」を主宰。算命学教室や鑑定講座を開く。


“school1”

カウンセリング


 過去記事から
【磯野はまぐりのお勧め投稿】


算命学を勉強している方へ

有名人鑑定をやってみよう 全12回
算命学はなぜ難しいのか? 全11回
鑑定士になりたい人へ 全7回
算命学の勉強 全6回
出し惜しみ 全9回+番外編2回
怖いもの知らず 全7回
魔法使いの正体 全6回
鑑定士は儲かるのか? 全7回
算命学と自然思想 全9回
騙されたくないあなたへ 全2回
無意味な鑑定 全4回
心のお話のまとめ


算命学の考え方について

算命学を使いこなすために 全7回
受け身 全9回
精神性と現実性 全7回
算命学は使えない!? 全7回
時代と宿命 全6回


算命学の医学部門 東洋医学のお話

算命学と医学 全8回
東洋医学の話 全7回
気血(きけつ) 全5回
腎(じん) 全6回


磯野はまぐりのMAG2NEWS掲載記事

MAG2NEWSアーカイブ

検索フォーム

メルマガ購読

メルマガ購読・解除
占い中毒にご用心
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ