記事一覧

宿命を伸ばすもの

サラサラとしたお米を気がすむまでガッツリ食べたい・・・そんな気持ちになることがあるのだけどわかってもらえるだろうか?今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。前回は、宿命のバランスについてお話をしました。得意なこと、とはまた別にやっていて楽しいこと、ってありませんか?もちろん、それが得意なことと同じだったらそれはとても楽しい活動になりますよね。宿命をきちんと観なくては断言できませんがそういうことって、...

続きを読む

宿命を維持するもの

たとえばある日、森の中でクマさんと出会ってしまった場合クマさんは「お逃げなさい」と言ってくれるのだろうか?その時もしボクが落とし物をしたらあとから追いかけて届けてくれるのだろうか?たぶん、そうはならないんじゃないかと思う。あれはきっと「お嬢さん」だったからクマさんはイヤリングを小道具に理由付けをして追いかけていったのに違いない。今年の夏も、クマさんと出会いませんように。今夜の夕食の写真は算命学のお...

続きを読む

人生の可能性

公園に入ると、なんだからすごい煙。ここでBBQは通報ものだろう? と思っていたらどうやら映画の撮影らしい。煙でチンダル現象を起こして深い森の雰囲気を出しているようだ。写真を撮りながらうろついていると注意されるのでカメラは出さずに、とっととその場を離れた。映画都市バンクーバーではよくあることです。帰ったら夕食ができていた。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。前回は、宿命を維持するための苦労についてお...

続きを読む

カート・コバーン

カミさんの友達が、仕事で日本からバンクーバーに来たそうだ。一緒に夕食に出かけたのだが、おみやげをいただいて帰って来た。近々、ゆっくりと楽しませていただきます。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。まだ算命学を学び始めたばかりの頃ニルヴァーナのカート・コバーンの宿命を計算してみたことがあります。もし大手の算命学の学校に通っていたとしたら2、3年ほど勉強した程度のレベルだったのではないかと思います。もう...

続きを読む

宿命通りってどういうこと?

カミさんがブルーベリーの大箱を買って来た。今シーズン初めての大量購入。粒が大きめで、なかなかいい出来だと思う。半分くらい食べたら残りはジャムにしてとっとと2箱目を買いにいこう。久しぶりに自分で料理をする。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。宿命という言葉を使うと、人生はそのすべてが始めから決められていると解釈されてしまいがちです。もちろん、そんなことはありません。宿命に書いてある人生は、いわば理...

続きを読む

安定した人生

カミさんが、クエン酸だの硫マグ(硫酸マグネシウムの略)だのを買い集めているなと思っていたら、入浴剤を作ったそうだ。お好みで香り付きのオイルをあわせて使うとよいとか。ボクは5分もお湯につかっていると飽きてしまうので入浴剤はもったいなくて使わなかったのだけどこれなら遠慮なく使わせてもらいます。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。前回から、宿命はどんなことを求めてくるのか?というお話をしています。安定...

続きを読む

不安定な人生

あまり大きくならないし、いい加減にとってしまおうとおもっていたピーマン。いざとろうとしたら、なにやら色づいているじゃないか・・・。そうだった、黄色と赤色のピーマンの苗を買ったんだった。色がつき始めたのなら、もう少しこのまま様子をみることにしよう。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。前回は、安定した人生についてお話しました。その人の宿命が求めるものに沿わないアドバイスはその人の人生を狂わせる可能性...

続きを読む

成り行きまかせ

「両手ぶらり戦法」で画像検索かけたら、こんなネコの写真がいくつかでてきた。みんな、思うことはおなじなのか?忙しい金曜日だ、簡単になにか食べよう。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。前回は、不安定な人生についてお話しました。毎日を忙しく走り回っている人しょっちゅう引っ越しをしている人本人は「忙しい」と言いながらもそういう生活がさほど苦ではなかったりします。もちろん、ゆったりのんびりを好む人もいます...

続きを読む

方便で生きる

夕方、近所のトレイルを歩いていてフクロウを見た。気配を感じて茂みのなかを見た時には大きなフクロウはすでにボクに気づいていて羽を広げて飛び立とうとしていた。見たことがあるという人の話は聞いていたけど、自分では初めて見た。写真を撮る時間なんかなかったので証拠はない。でも見たんだ。きっとブリッグス少佐なら信じてくれると思う。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。前回は、成り行きまかせの人生のお話をしまし...

続きを読む

算命学と自然思想

トマト、収穫しました。期待したより小さいけど、香りはしっかりトマトです。いま冷蔵庫で冷やしています。後ほど味見を・・・今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。算命学が、占いのように扱われて「当て物」の道具にされてしまうことがあります。新たに学ぶ人たちに、肝心な理論と思想がすっぽりと抜け落ちて伝わってしまうのです。そこには技法とそこから導きだされる、非常に限定された答えしかありません。もし西洋科学を「...

続きを読む

算命学の成り立ち

腕の調子がかなり良くなってきました。ただし、左腕だけ。右腕はまだ、まともに伸ばせない。それでも左腕が使えるので、そろそろ大きいカメラを持ってうろうろ歩き回れそう。今日は、まだ小さいカメラを持って歩いています。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。前回は、算命学には理論と思想が不可欠、というお話をしました。算命学の良いところはきちんと勉強して訓練を積めば誰でも、あるていどは鑑定できるようになることで...

続きを読む

算命学と科学

夏休みで暇を持て余している娘がマフィンだのクッキーだのをつくりまくっている。おかげでこっちは、食うわ、食うわ・・・今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。前回は、算命学の成り立ちについてお話をしました。算命学者に言わせれば、算命学はきちんとした理論に基づいているとなるのでしょうが、科学者に言わせれば突っ込みどころ満載の甘々理論です。でも、辻褄は合っているのです。しかも実用的かつ有益なので細かいところ...

続きを読む

自然思想

ラズベリーがいい感じだったので買ってみた。また来年、と思っていたので得した気分。昨夜、しばらく空を眺めてみた。今年のペルセ群は明るいのが多いかも。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。前回は、算命学と科学の相違点についてのお話をしました。科学には、自己批判と自己修正という特性があります。真の科学者であれば「科学は絶対だ」などとは決して言いません。算命学も科学であると自負するのであればその姿勢も同様...

続きを読む

自然の法則

バルコニーが緑だらけで、足の踏み場もなくなってきた。ネコもどこにいるのか、すぐにわからないときがある。夏だねぇ〜今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。前回は、自然思想とはなにか、というお話をしました。自然思想について考えると、いつも不安になります。「本当かよ、それ?」というツッコミが溢れ出てきます。なにか、調子のいい言葉でだまされているようなキツネにつままれたような気持ちになります。実験できれば、...

続きを読む

時間と季節

シソの葉が、どんどん巨大化してます。数もたくさんあります。とってもとっても出てきます。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。前回は、自然の法則を説明する要素のお話をしました。人間は自然の一部であるというのはわかるのですが時間という概念的なものの中に自然界を構成している要素が含まれているという考え方は、なかなか興味深いものがあります。今回は、自然思想における時間のお話です。・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・...

続きを読む

自然思想の神髄

きれいになった。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。前回は、自然の要素は季節(時間)の中にもあるというお話をしました。算命学の勉強をはじめた頃は技法の使い方を覚えるのが楽しくて自然思想など軽視してしまいがちです。いろいろ勉強してちょっとは宿命を読めるようになったころふと自然思想について教科書を読み返してみると始めの頃とは理解度がまったく違うことに気づきます。自然思想についてわかってくると技法の理...

続きを読む

人間の風景

今週は、ここバンクーバーも、とうとう30℃越えの予報が出ている。この暑さを乗り切るために、いろいろと備えておかないと。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。前回は、「人間は自然の一部」とはどういうことかというお話をしました。人間の誕生以前に神の意志はなかった、と仮定して考えます。人生の意味や目的という概念は恐らく人間が産み出したものでしょう。ということは、人間が誕生する以前には人生の意味や目的などと...

続きを読む

算命学を学びたい方へ

Vancouver Art GalleryのPicasso展を観に行った。年代を追って、その時々にPicassoの側にいた女性をテーマに作品を並べていたのだけど思っていたより点数も多く、かなり濃い内容でした。なにより、作品選びのセンスがよかったぁ〜。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。前回は、人間のあり方も、自然の風景に例えられるというお話をしました。鑑定士を目指して勉強していると技法とその解釈ばかりに夢中になり根底にある思想と...

続きを読む

バランスについて考える

毎日家でゴロゴロしていた娘も、今日で夏休みは終わり。明日からは学校が始まるそうだ。まぁ、いろいろ面倒だろうが適当にこなしておいてくれ。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。好き嫌いなく、色々な物をバランスよく食べましょう。よく言われることですよね。バランスよく食べる、と言われると「なるほどそれはもっともだ」と、考えなしに同意しがちです。そもそも、よいバランスとはどういう状態なのでしょうか?今回から...

続きを読む

バランスの維持

そういえば、今年の夏はあまりコーンを見なかったな。あまり良い出来ではなかったみたいだけど夏の終わりに試しに買ってみた。結果は・・・?今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。前回から、バランスについてお話しています。バランスと言っても、何のバランスか、によって注目する点が違ってきます。バランスが崩れている状態でバランスを保っている・・・などと考えていくともうなんでもありのような気になってしまいます。今...

続きを読む

バランスを崩す

今日の月じゃないよ。さっき「かぐや姫の物語」という映画を観たのだけどそれがいたく気に入ってしまったのです。ネタバレしないように言うと・・・2時間ほど淡々と展開してきたこの話をどうまとめてくれるのだろう?と、ちょっと、いやかなり不安に思って観ていたのだけどラストシーンが、驚くほどにクールだったのです。清いって、ああいうことを言うのかぁ〜今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。なにが善いか悪いか、という...

続きを読む

生活のバランス

メイちゃん、元気です。病気をする前より、鳴き声のトーンが高くなった気がする。あっ、自分でもよく忘れてしまうのですが・・・ ネコブログめざしてます。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。今回は「生活のバランス」というお話しです。・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆今の生活は良いのか悪いのか?例えば・・・いつも忙しく、慌ただしい生活と安定していてのんびりした生活。どちらも一長一短です。前者の生活では、日々...

続きを読む

バランスを取り戻す

ザクッと採っても、次が育っている小松菜。次の新芽も並んでいます。寒くてもちゃんと育つようで、しばらく連作が続きそう。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。生活を改善するにはバランスをとるというよりバランスの質を変えること。新たになにかを生み出すためにはまず破壊が必要です。今回は「バランスを取り戻す」というお話しです。・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆宿命の通りのバランスを保つことが理想です。でも、実...

続きを読む

人間関係のバランス

久しぶりに家から綺麗な夕焼けを見た気がする。右腕の調子がだいぶ良くなったところで大量注文が入っていた手仕事をやりすぎたのがいけなかったらしくカメラを持つどころか、キーボードを打つのも怪しくなってきた。う〜ん、まいったな・・・今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。個人的な話になりますが・・・今年はバランスを崩しやすい『気』がまわっているので今まで自分の足枷になってきたものはどんどん破壊するようにして...

続きを読む

破壊と再構築

あっ、レンズが汚すぎ。でもまぁ、秋晴れの空気はきれいだよねってことで。きれいに拭いておきます。今夜の夕食の写真は算命学のお話の後で。不規則で、変化の絶えない生活が宿命通りという方がいらっしゃいます。なにかをはじめよう、と思いついたときこういう方は行動を起こすのが早いです。自分は腰が重いな、と感じているのならバランスを崩しやすい時期を狙って一気に動き出すのがよいでしょう。今回はまとめとして「破壊と再...

続きを読む

返り矢 その1「鑑定するリスク」

手作り入浴剤を改良したそうだ。水素イオン濃度を測りたいのだけど我が家にはpHメーターがない。ああいうものは、忘れた頃にちょっとだけ必要になるんだよね。夕食の写真は算命学のお話の後で。矢を真上に射ると、やがて自分に向かって落ちてきます。正確に真上に射れば、それだけ正確に自分に落ちてきます。更に、力強く射れば、それだけ力強く自分に落ちてきます。他人の人生に介入すること、つまり他人の生き方についてアドバイ...

続きを読む

返り矢 その2「運気を乱す」

なに食べたい? って聞いたら・・・鍋食べたい、って答えが返ってきた。最後に食べる「うどん」が好きなんだそうだ。夕食の写真は算命学のお話の後で。間違えないアドバイスとはなんなのでしょうか?正しいアドバイスとはなんなのでしょうか?極端な成功も、極端な失敗も本人や周囲の人たち多くの場合は家族の運気を乱すことになります。特に大きな成功によって生じた歪みは急激に運気を落とす方向に現れるので注意が必要です。成...

続きを読む

返り矢 その3「わかりやすい例」

久しぶりに青空を見た。冬は雨季なので、ぐずついた天気が続くとなんだか気落ちしてしまう人もいるようだ。ボクは、どちらかというと、快晴が毎日続く方が気落ちしてしまう。考えてみると、よくカリフォルニアなんかに住んでいたよな。あれだけ能天気でパワフルな環境にいると、それなりに適応しちゃうのだと思う。夕食の写真は算命学のお話の後で。アドバイスした人が返り矢を受けるとはどういうことかわかりやすさ優先で、目で見...

続きを読む

返り矢 その4「誰にでもあるリスク」

明け方からずっと雪が降っています。予報では「ちょっとだけ」のはずだったけどかなり本気で降っています。明日は晴れるらしい。夕食の写真は算命学のお話の後で。返り矢は、鑑定士だけが負っているリスクではありません。通常、自分にとってうまくいった生き方が他の誰にでも有効かどうかはわかりません。にもかかわらず、人は、自分が良いと信じることを他人にも勧める傾向があります。その結果、どのていど相手の運気を乱すかは...

続きを読む

返り矢 その5「影響し合う」

雪が積もって夜があけて、すっかり晴れた朝これは寒いだろ〜あちらこちらから雪かきの音が聞こえてきます。積もった雪の表面は、かなり固く凍っている様子。さて、雪の本番は木曜日以降だそうだ。夕食の写真は算命学のお話の後で。気軽に友達にアドバイスもできないなんて世知辛い話ですよね。そんなこと言われたら、気になってしまって誰にも何も言えなくなってしまうじゃないか?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。人と...

続きを読む

著者:磯野はまぐり


profilephoto

磯野はまぐりは元々は科学者で、ときどき投資家で、ごくまれに翻訳家で、ほぼ毎日、一家の台所担当重役だったりします。最近、キッチンの主導権をカミさんに奪われてるけど・・・。

生まれは横浜ですが、今はカナダに住んでいます。結婚していて、娘が一人いて、ネコが一匹います。

1998年より渡米、カリフォルニア大学サンディエゴ校およびヴァンダービルト大学にて分子遺伝学の研究者として勤務。

2003年にカナダ移住後は、ファンダメンタル分析による株式投資家、日本人の海外生活者を支援するカウンセラー、学術文献の翻訳家として活動。怪しみながらもなぜか算命学にはまる。

2014年より算命学を使ったカウンセリングを始める。人生全般にわたる様々な相談を受ける中で、お互いの「本当の関係性」を知らないばかりにすれ違っていくご夫婦の多さに気づき、夫婦関係、女性の仕事、子供のための家庭環境を中心としたカウンセリング活動を始める。

2018年「みんなもっとちゃんと考えて算命学を使おうよ!」という思いから、算命学教室や鑑定講座をはじめる。


2020年2月「算命学の学校」開校。

“school2020”


 過去記事から
【磯野はまぐりのお勧め投稿】


算命学を勉強している方へ

しつこく突っ込む! 全7回
あなたならどう答える? 全6回
有名人鑑定をやってみよう 全12回
算命学はなぜ難しいのか? 全11回
鑑定士になりたい人へ 全7回
算命学の勉強 全6回
出し惜しみ 全9回+番外編2回
怖いもの知らず 全7回
魔法使いの正体 全6回
鑑定士は儲かるのか? 全7回
算命学と自然思想 全9回
騙されたくないあなたへ 全2回
無意味な鑑定 全4回
心のお話のまとめ


算命学の考え方について

算命学を使いこなすために 全7回
受け身 全9回
精神性と現実性 全7回
算命学は使えない!? 全7回
時代と宿命 全6回


算命学の医学部門 東洋医学のお話

算命学と医学 全8回
東洋医学の話 全7回
気血(きけつ) 全5回
腎(じん) 全6回


磯野はまぐりのMAG2NEWS掲載記事

MAG2NEWSアーカイブ

メルマガ購読

メルマガ購読・解除
占い中毒にご用心
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

検索フォーム