記事一覧

生活を変えよう! その4「実践あるのみ」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「生活を変えよう!」というお話の4回目です。今までなにかと間が悪かったり、物事が思うように進まないのであれば、どこかやり方を変えてみる必要があるということです。そのためには、自分が「こうした方が良い」と信じていたなにかを変える必要があるのかもしれません。そのきっかけを得るための方法が、前回お話した「情報ソースを変える」ことです。そして、新しい情報、新しい考...

続きを読む

生活を変えよう! その3「情報ソースを変える」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「生活を変えよう!」というお話の3回目です。生活環境を、現実面より精神面から変えていくにはどんなやり方があるのでしょうか?簡単で大きな効果が期待できるのは、今までとは違ったところから情報を得るようにすることです。例えば・・・・週刊誌をやめて経済新聞を読んでみる。・テレビのワイドショーをやめてYoutuberの配信を観てみる。・今まで興味がなかった著名人のTwitterをフ...

続きを読む

生活を変えよう! その2「何を変えるべきか?」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「生活を変えよう!」というお話の2回目です。現実に起こる出来事のタイミングと運勢のタイミングがうまく噛み合わない時、生活のどこかを変えて軌道修正をする必要があります。そんな時、はまぐりさんに相談してみるのもいいのですが、運勢を知らなくてもできることはあります。いままでのやり方に問題があるのだとしたら、とにかくやり方を変えるしかありません。ただし、運勢を知ら...

続きを読む

生活を変えよう! その1「人生はタイミングだ」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「生活を変えよう!」というお話です。人生には2つのタイミングがあります。現実的なタイミングと運勢的なタイミングです。宿命に沿った生き方をしていると、このふたつのタイミングは自然と都合よくシンクロしてくれます。例えば、ちょうど子供が学校を卒業して自立してくれた時に旦那さんの転勤が決まったり、家のローン返済が終わった頃に収入が激減したりなど、大きな変化に対応し...

続きを読む

運勢の健康診断

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。ホリスティックカウンセリングのご感想をいただきました。***今回はじめて算命学というものを知り、みて頂きました。算命学でどんなことがわかるかなど知らなかったのですが、私の気になっていることを的確に明確に伝えて頂きとてもいい時間になりました。私はこれといって、大きな悩みがあるとか人生の機転となるタイミングで見て頂いたわけではなく、健康診断のような自分の今進み...

続きを読む

学歴だけが人生じゃない その7「合わせ技」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「学歴だけが人生じゃない」というお話の最終回です。英語は強力な武器になりますが、ただ英語が話せるだけでは意味がありません。だって、話すだけなら英語圏の国で育った人にはかなわないのですから。相手が耳を傾けてくれるだけのコンテンツを持っていることが大切です。専門的な知識や技術を持つ人達が集まるところで「拙い英語しか話せないのにこの場にいるなんて、この人間はただ...

続きを読む

学歴だけが人生じゃない その6「強力な武器」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「学歴だけが人生じゃない」というお話の6回目です。将来なにをするにしても、身につけておいて損はないどころか、圧倒的に人生が有利になる能力ってあると思うんですよ。私が子供の頃に戻って人生をやり直せるとしたら、できるだけ若いうちに身につけておきたい能力が2つあります。そのひとつは英会話です。(ちなみに、もうひとつは算命学です。)日本では英語教育が盛んなようですが...

続きを読む

学歴だけが人生じゃない その5「やりたいことがない!」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「学歴だけが人生じゃない」というお話の5回目です。「特にやりたいことはない」というお子さんに「やりたいことが見つかるまで好きにしていれば?」と言うと、ほとんどの場合、なにもしないまま時間だけが過ぎていきます。やりたいことがみつからないのなら、将来、少しでも人生が有利になるような取り組みを通して「やり抜く力」を養っていくのがいいのかもしれません。具体的になに...

続きを読む

学歴だけが人生じゃない その4「人生の戦略」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「学歴だけが人生じゃない」というお話の4回目です。学歴は、相応の「やり抜く力」を持っていることを示す「信用」のひとつです。過度の学歴競争に参戦しないのであれば、他の方法でいかに社会からの信用を得るか?を考えなければなりません。例えば企業のインターン制度を積極的に利用するのもひとつの方法です。日本の大企業がよくやっている勉強会のようなものではなく、現場での仕...

続きを読む

学歴だけが人生じゃない その3「人生の選択肢」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「学歴だけが人生じゃない」というお話の3回目です。今の時代、本気で打ち込めるものを見つけて、それに邁進することで大きな成功につながることがあります。安定した大企業への就職をめざすだけではなく、純粋にやりたい仕事を目指すのも成功への道のひとつです。(ここで言う成功とは、充実した生活を意味しています。)そのためには、できるだけ良い大学に行って就職するというパタ...

続きを読む

学歴だけが人生じゃない その2「受験勉強で失うもの」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「学歴だけが人生じゃない」というお話の2回目です。難関校に入って大企業や官僚を目指すという人生の戦略は今でも有効だと思います。ただしトップクラスの大学に入れなければ、今まで受験勉強に費やしてきた時間と努力を活かしきれなくなります。大企業を目指すこの戦略は、受験で失敗したときの潰しが効かないのです。しかも受験勉強を頑張って得られる能力なんて、入試問題を解ける...

続きを読む

学歴だけが人生じゃない その1「学歴の価値」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「学歴だけが人生じゃない」というお話です。企業が社員に求めているのはやり抜く力です。それも、好きでないことでも責任を持ってやり抜く力を持った人材です。難関校の受験を突破してきた学生は、この能力を備えている可能性が高いのです。だから企業はできるだけレベルの高い大学から学生を採用したがります。頭がいいとか勉強ができるからではありません。やり抜く力は「信用」でも...

続きを読む

子供と受験 その10「10年計画」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「子供と受験」というお話の最終回です。小学生や中学生のお子さんも、がんばれば高校生になるまでに生活習慣は身につきます。受験のためになにより大切なことは、やり抜く習慣を身につけることです。これは子供だけではなく、大人にも言えることです。10年間がむしゃらにがんばれば、人生は変わります。10年は運勢的にもひとつの区切りになります。逆に、10年間を怠惰に過ごせば、状況...

続きを読む

子供と受験 その9「人生の幅を広げる」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「子供と受験」というお話の9回目です。楽しむための「やり抜く力」をつけていけば、上手くすると勉強にもその力を使えるようになります。勉強をやり抜くことは、将来好きなことをやり抜くための手段のひとつです。受験勉強の経験を通して、本当にやりたいことのために「やり抜く力」を発揮できるようになれば理想的です。私が知っているとても優秀な研究者の先生方の多くは、専門の研...

続きを読む

子供と受験 その8「やり抜く決心」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「子供と受験」というお話の8回目です。いくら楽しいこと、好きなことと言っても、それを趣味以上のレベルでものにすることは、小さなお子さんにとっては簡単なことではないと思います。だからといって、ちょっとやってすぐにあきらめてしまっては、「やり抜く力」はいつになっても身につきません。小学校を卒業するまで、とか、いまから最低3年間など、あるていどの期間を区切って続け...

続きを読む

子供と受験 その7「解決策」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「子供と受験」というお話の7回目です。自分を追いつめることなく、人生の幅を広げていくために「やり抜く力」を発揮するにはどうすればいいのでしょうか?心理学の研究によると、ひとつの解決策は「やり抜く力」を発揮する対象を2つ持つことです。受験勉強は大切ですが、他になにかひとつ、お子さんが興味を持っていることをやらせてあげてはどうでしょう?一番好きなこと、興味がある...

続きを読む

子供と受験 その6「受験勉強の副作用」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「子供と受験」というお話の6回目です。「やり抜く力」をどう身につけていくといいのか、それは人それぞれで、まさに算命学が役に立つところです。でも、その前に「やり抜く力」の副作用について知っていて欲しいことがあります。「やり抜く力」には、目標に近づくに連れて充実感を覚えながらも、さらに新たな目標を見つけて人生の幅を広げていくタイプと、努力を続けていくことで自分...

続きを読む

子供と受験 その5「無駄にならない経験」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「子供と受験」というお話の5回目です。もちろん、どれだけ努力してもできないことはあるでしょう。でも、これ以上はどうしようもないところまで努力して「できない」と言うのと、ちょっとがんばった程度で「できない」と言うのとでは質がまったく違います。それだけがんばれるのなら、将来、得意なことにその力を使えば何かが得られるはずです。たとえ受験に失敗したとしても、全力で...

続きを読む

子供と受験 その4「勝ち癖をつける」

今日の空お願いしておいたチーズフォンデュを届けてもらった。3種類のチーズをブレンドしてあるそうだ。生ハムもつけてもらった。 お楽しみのチーズフォンデュの写真は算命学のお話の後で。「子供と受験」というお話の4回目です。最後までやり抜く習慣を身につけてしまえば、将来何をするにもとてもパワフルな武器になります。だからこそ、できる人とできない人の差は広がる一方なのです。だってそうでしょう?子供の頃からやり抜...

続きを読む

子供と受験 その3「一番難しいこと」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「子供と受験」というお話の3回目です。将来、お子さんに大学進学を期待するのであれば、できるだけ早い時期から何かをやり抜いて成し遂げる習慣をつけていきましょう。幼稚園や小学校の頃に必要なことは、このような生活習慣の確立です。さらに言ってしまうと、受験のために必要なのは「興味もなければ好きでもないことを、やりたいことを後回しにしてでも最後までやり抜く習慣」です...

続きを読む

子供と受験 その2「受験に必要な能力」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「子供と受験」というお話の2回目です。知能が高くて勉強が得意な人は確かにいます。そういう人たちは、大した努力もせずに多くのことを軽々とこなします。でも、そんな人はほんのわずかです。私たち凡人は、そういう人のことは忘れましょう。そんなことより、多くの、いやほとんどの子供たちにとって大切なのは、長期に渡って努力を続けながら目標を達成する能力です。大学受験なんて...

続きを読む

子供と受験 その1「やるべき事」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「子供と受験」というお話です。人には誰でも得意なことや苦手なことがあります。現実的な能力だけではなく、宿命にも向き不向きがあります。そして人生には時に、苦手であろうと不向きであろうと避けては通れない「やるべき事」があります。そういうときこそ、算命学を現実的に活用するときです。親なら誰でも子供の将来は心配ですよね。子供を大学まで進学させたいと思う親にとっては...

続きを読む

宿命を自動車に例える その6「車種を使い分ける」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「宿命と自動車」というお話の最終回です。軽自動車の旦那さんに動いてもらうためには、まず自分が一足先に動きだしてから待っているような心の余裕を持ってみてはどうでしょうか?そのかわり、あなたが見過ごしてきたかもしれない細かいことを、後からしっかりフォローしてくれるかもしれません。では、ブルドーザーの子供に勉強させるためにはどうしたらいいでしょう?きちんと勉強し...

続きを読む

宿命を自動車に例える その5「自動車と家族」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「宿命と自動車」というお話の5回目です。家族の人間関係を自動車に例えるとどうなるか考えてみましょう。多くの人が「こんな感じかな?」と想像するのは、両親が中型セダンで子供が軽自動車だったりするかもしれません。でも宿命から見ると、このような「見かけのイメージ」とはまったく違った姿になるかもしれませんよ?例えば・・・お父さんは軽自動車、お母さんはスポーツカー、子...

続きを読む

宿命を自動車に例える その4「運転手の個性」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「宿命と自動車」というお話の4回目です。宿命を自動車に例えるとき、車種による特徴の他に、運転手の個性もあるていど知ることができます。中型セダンの宿命で、責任感が強くしっかり仕事をこなす運転手ならば、日常生活の移動だけでなく、お客さんを乗せるタクシーにも適しています。現実の世界では、中小企業の社長さんを目指すのもいいでしょう。同じ中型セダンの宿命でも、住んで...

続きを読む

宿命を自動車に例える その3「はまぐりはどんな自動車?」

今日の空今回のチーズは、いまにも形が崩れそうなほどやわらかいヤギのチーズ(手前)と、ハードチーズなんだけどかなりクリーミーなヤギとヒツジのチーズでした。ヤギのチーズは、ちょっと熟成いきすぎたかな?と思うほどだったけど、塩気がほとんどなくあっさりしたチーズ。ハードチーズの方も、臭みが少なくまろやかでした。毎回、いろいろなチーズを持ってきてもらうのだけど、微妙な違いを上手く言葉で表現できないんだよね。...

続きを読む

宿命を自動車に例える その2「同じ車種、同じ宿命」

今日の空 夕食の写真は算命学のお話の後で。「宿命と自動車」というお話の2回目です。同じメーカーの同じ車種の自動車が、毎日のようにどこかの工場で作られています。皆、同じ特性の自動車です。できあがった自動車を、様々な街で様々なオーナーが運転します。同じ車種の自動車でも、オーナーの都合によっていろいろな使い方があります。同様に、同じ年、同じ月、同じ日に、たくさんの新しい命が生まれています。同じ生年月日な...

続きを読む

著者:磯野はまぐり


profilephoto

磯野はまぐりは元々は科学者で、ときどき投資家で、ごくまれに翻訳家で、ほぼ毎日、一家の台所担当重役だったりします。

生まれは横浜ですが、今はカナダに住んでいます。結婚していて、娘が一人いて、ネコが一匹います。

1998年より渡米、カリフォルニア大学サンディエゴ校およびヴァンダービルト大学にて分子遺伝学の研究者として勤務。

2003年にカナダ移住後は、ファンダメンタル分析による株式投資家、日本人の海外生活者を支援するカウンセラー、学術文献の翻訳家として活動。怪しみながらもなぜか算命学にはまる。

2014年より、算命学を使ったカウンセリングを始める。人生全般にわたる様々な相談を受ける中で、お互いの「本当の関係性」を知らないばかりにすれ違っていくご夫婦の多さに気づき、夫婦関係、女性の仕事、子供のための家庭環境を中心としたカウンセリング活動を始める。

現実の問題は、現実的な行動でしか解決できません。算命学で運勢を味方につけながら現実的な解決策を探していきましょう。

リラックスしておしゃべりしていく中で、新しい生き方を見つけていただけるようなセッションを心掛けています。

“school1”


“子育て相談 全国どこからでもスカイプでお話できます。”


hamaguricounseling


Add Friend
個人的なご質問や磯野はまぐりとおしゃべりしてみたい方はLINE@で気軽に話しかけてくださいね。こちらからメッセージ配信することはありません。1:1トーク専用です。LINEでのおしゃべりはもちろん無料です。

peing
Peing質問箱から、算命学や生き方について匿名で磯野はまぐりに質問できます。お名前もメールドレスも必要ありません。いただいたご質問にはブログやメルマガで回答します。



 過去記事から
【磯野はまぐりのお勧め投稿】


お子さんの将来のために
算命学を活用したい方へ

宿命を自動車に例える 全6回
子供の運命を決めるもの 全6回
子供時代の土台作り 全3回
親子 全6回


夫婦問題を抱えている方へ

ポジティブな離婚 全12回
離婚と子供 全7回
人はなぜ浮気するのか? 全6回
離婚鑑定 全5回
夫婦の問題、男と女 全14回
旦那のための夫婦仲改善策 全5回


これから算命学を勉強したい方へ

鑑定士になりたい人へ 全7回
算命学の勉強 全6回
出し惜しみ 全9回+番外編2回
怖いもの知らず 全7回
魔法使いの正体 全6回
鑑定士は儲かるのか? 全7回
算命学と自然思想 全9回
騙されたくないあなたへ 全2回
無意味な鑑定 全4回
心のお話のまとめ


算命学の考え方について

算命学を使いこなすために 全7回
受け身 全9回
精神性と現実性 全7回
算命学は使えない!? 全7回
時代と宿命 全6回


算命学の医学部門 東洋医学のお話

算命学と医学 全8回
東洋医学の話 全7回
気血(きけつ) 全5回
腎(じん) 全6回


磯野はまぐりのMAG2NEWS掲載記事

MAG2NEWSアーカイブ

検索フォーム

メルマガ購読

メルマガ購読・解除
占い中毒にご用心
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ